転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 弁護士の平均年収と仕事内容

弁護士の平均年収と仕事内容

弁護士の平均年収と仕事内容とは?弁護士の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



弁護士の平均年収と仕事内容の詳細情報

弁護士の平均年収は2097万円となっています。

弁護士の仕事内容は法の基に相談者を支援したり法廷で弁護したりすることが主となっています。

弁護士と言えば高収入と言う印象を持っている方も多いと思いますが、その印象どおり弁護士の平均年収高額となっています。

弁護士になるには司法試験に合格しなければならず、非常に高度で専門性の高い知識を必要とします。

弁護士資格を取得した方は一般的に法律事務所に入所し、経験を積んだ後に独立開業する方が多いと言います。

弁護士の仕事は民事、刑事などの法に関する相談業務や法廷での弁護活動など幅広く、一般的に激務だと言われています。

(弁護士の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved