転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > スチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)の平均年収と仕事内容

スチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)の平均年収と仕事内容

スチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)の平均年収と仕事内容とは?スチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



スチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)の平均年収と仕事内容の詳細情報

スチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)の平均年収は678万円となっています。

スチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)の仕事内容は旅客機内で搭乗客相手に安全ですごし易い環境を提供することです。

スチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)はどの時代でも女性のあこがれの職種で、一見華やかですが、実際のところの業務内容は泥臭い仕事も少なくありません。それに加えてスチュワーデス(フライトアテンダント)(キャビンアテンダント:CA)になる為の敷居は高く、身長が高くないと駄目だとか英語が出来ないと駄目だとか要求レベルは並大抵のものじゃありません。

また、国内線と国際線によって業務の要求レベルが変わってきます。

さらに、就労環境も中々厳しいもので、ほとんどの航空会社はほとんどの社員を契約社員として雇い、その後正社員になるパターンとなっています。契約社員時は時給換算なので年収は300万円程度、正社員になれるのは4年目からで、正社員になると年収が500万以上になります。これも航空会社の規模によって変わってきます。JAL(株式会社日本航空インターナショナル)やANA(全日本空輸)は高給取りで、外資系航空会社や新興航空会社は日本の大手航空会社より年収額は下がります。

長時間の立ち仕事、勤務時間や休日も不規則で、予想していた以上に激務で離職率も高めとなっています。

(税理士の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved