転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 大学教授の平均年収と仕事内容

大学教授の平均年収と仕事内容

大学教授の平均年収と仕事内容とは?大学教授の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



大学教授の平均年収と仕事内容の詳細情報

大学教授の平均年収は1167万円となっています。

大学教授の仕事内容は学生相手に講義を開いたり研究をしたりすることが主なものとなっています。

大学教授の仕事内容はなかなか把握し辛く、世間的に何をしているのか分からないとことろが多いです。

具体的な仕事は専門分野に特化し、各分野で研究テーマを持って論文を書き、それを学会などの場で発表することと共に大学で講義をして学生を指導することが主な仕事内容です。

大学教授になるには大学に入り、大学院の修士課程、博士課程で声をかけてもらう、または国公立大学の学部ごとの求人に申し込むことで大学教授の道が開けます。大学教授になるにはその後、助手、講師、助教授を経てキャリアアップすることになりますが、在籍している大学内で教授の席に欠員が出ない限り大学教授にはなれません。そのため、ほかの大学に移る場合も多々あるようです。

大学教授は特殊な世界での話しなので、なかなかなることができませんが、そのことからも大学教授の平均年収が1167万円なのは納得がいくのではないでしょうか?

以外に少ないなと考える方もいるかもしれませんが、大学教授にもなると本での印税もそれなりに稼げたり、講演などで稼げたり、副収入も期待できるのでさらに年収は高くなりそうです。

(大学教授の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved