転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 医師(医者)の平均年収と仕事内容

医師(医者)の平均年収と仕事内容

医師(医者)の平均年収と仕事内容とは?医師(医者)の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



医師(医者)の平均年収と仕事内容の詳細情報

医師(医者)の平均年収1046万円となっています。

医師(医者)の仕事内容は医療機関で怪我や病気で万全ではない体調の方を診断し、回復に向けてのサポートが主なものとなっています。

医師(医者)になるには医学部のある大学が医大で6年間専門的な知識を勉強し、その上で国家試験に合格し、さらに規定の医療機関で2年間研修をしなければなりません。

高額年収の代名詞と言われる医師(医者)ですが、大学を卒業したばかりの医師(医者)は、研修医として月収10万円程度の給料で働き、バイトと言われる夜勤をこなして生計を立てるといいます。しかし、2004年度から研修医も月収30万円前後にするように国から勧告があり、今までよりもだいぶ待遇は良くなりました。

正式な医者になれば一気に年収額は上がり、大学で教授を目指す医師(医者)や独立開業する医師(医者)など分岐していきます。

(医師(医者)の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved