転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 事務次官の平均年収と仕事内容

事務次官の平均年収と仕事内容

事務次官の平均年収と仕事内容とは?事務次官の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



事務次官の平均年収と仕事内容の詳細情報

事務次官の平均年収は2432万円となっています。

事務次官の仕事内容は各省庁での様々なものに携わるのが主となっています。

事務次官は国務大臣の下で働く官僚のTOPです。

総務省、外務省、財務省などの中央省庁で働く官僚のTOPなのですから事務次官の平均年収は妥当な額ともとれます。

事務次官になるには国家公務員試験を合格し、各省庁に入らなければなりません。各省庁に入った上でキャリアを積んで、出世をすることで各省庁唯一の事務次官の座を得ることができます。

事務次官の仕事は各国務大臣の下で大臣を助けながら、仕事の監督をしていく重要なポストで、代表なしごととして政策の企画立案、予算の編成、審議会運営、委員会運営、法律の整備、条例の整備等があります。

(事務次官の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved