転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 不動産鑑定士の平均年収と仕事内容

不動産鑑定士の平均年収と仕事内容

不動産鑑定士の平均年収と仕事内容とは?不動産鑑定士の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



不動産鑑定士の平均年収と仕事内容の詳細情報

不動産鑑定士の平均年収は680万円となっています。

不動産鑑定士の仕事内容は不動産の適正な価値を図る業務を行います。

不動産鑑定士が行える業務である不動産の鑑定、評価は独占業務であり、地価公示制度、公共用地買収評価、相続評価、固定資産評価、資産評価、土地の売買、担保、税務上の交換、不動産の証券化、時価会計の導入、企業の合併、などが主な業務となっています。

国、企業、個人と様々な層から仕事の依頼があり、不動産鑑定事務所としての独立が最終目標となりそうです。事務所を開くまでは不動産会社、信託銀行などに勤め、スキルアップを目指すのが一般的な道です。

不動産鑑定士になるには国家試験の不動産鑑定士試験に合格し、実務研修を受け、国土交通省の不動産鑑定士名簿に登録をされることでなれます。


(不動産鑑定士の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved