転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 公認会計士の平均年収と仕事内容

公認会計士の平均年収と仕事内容

公認会計士の平均年収と仕事内容とは?公認会計士の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



公認会計士の平均年収と仕事内容の詳細情報

公認会計士の平均年収は740万円となっています。

公認会計士の仕事内容は会計に関するものに携わります。

公認会計士は企業(会社)の決算書をチェックする会計監査、企業が効率的に会計を行えるように指導するコンサル、企業や個人問わずに税務に関する相談や実務を行います。

会計士になるには公認会計士の資格が必要で、司法試験、国家1種に続く難易度と言われ、相当な勉強が必要となります。

企業会計は年々複雑化し、今後もさらに複雑化することか予想されます。こうなると、個人で事務所を開く独立は難しくなり、監査法人、公認会計士共同の事務所に所属して働くことがキャリアとなると思われます。


(公認会計士の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved