転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > パイロット(航空機操縦士)の平均年収と仕事内容

パイロット(航空機操縦士)の平均年収と仕事内容

パイロット(航空機操縦士)の平均年収と仕事内容とは?パイロット(航空機操縦士)の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



パイロット(航空機操縦士)の平均年収と仕事内容の詳細情報

パイロット(航空機操縦士)の平均年収は1381万円となっています。

パイロット(航空機操縦士)の仕事内容は飛行機の操縦を行う仕事を主とします。

パイロット(航空機操縦士)になるためには事業用操縦試験に合格し、それ相応の訓練をし、副操縦士として飛行経験を積んで一人前のパイロット(航空機操縦士)になります。

車の運転とは違い、空間で操作をしなければならないため、操縦の何度は非常に高いです。

パイロット(航空機操縦士)は操縦以外にも航空管制官との連絡や飛行位置、機体の状態確認をするために計器などを見なければなりません。

上記からもパイロット(航空機操縦士)になるには非常に時間がかかり、選ばれた人間しかなれないことからパイロット(航空機操縦士)の平均年収は妥当だと言えそうです。

(パイロット(航空機操縦士)の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved