転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 新聞記者・雑誌記者の平均年収と仕事内容

新聞記者・雑誌記者の平均年収と仕事内容

新聞記者・雑誌記者の平均年収と仕事内容とは?新聞記者・雑誌記者の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



新聞記者・雑誌記者の平均年収と仕事内容の詳細情報

新聞記者・雑誌記者の平均年収は810万円となっています。

新聞記者・雑誌記者の仕事内容は新聞や雑誌に掲載する記事を取材して入稿するのが主なものとなっています。

新聞記者・雑誌記者は政治、経済、スポーツ、芸能、そのほか専門性の高いものを対象に取材で仕入れたニュースを自分の視点で切り込んで記事にし、広く発信する非常にやりがいのある仕事です。

しかし、仕事は激務。部署によってはプライベートを削ることなんか日常茶飯事の様で、情報と言う生の素材を扱うため、鮮度が命であり、休日に緊急出勤などは当たり前、他社に先を越されないように常に情報のアンテナを張り巡らせ、仕事に邁進する。張り込み取材や締め切り前なんか徹夜なんかも当たり前で、非常に辛い仕事であると言えそうです。

新聞社である読売、朝日、産経、毎日、日経、地方新聞に入社するのが新聞記者になるための手段ですが、採用者は高学歴な学生が多く、中途での採用は殆ど無いといえます。

各新聞社はグループ会社を持ち、そこには様々な雑誌や週刊誌を発行しているところがあり、雑誌記者を目指すにはそこに入ることで活躍する道が開けるでしょう。

そのほか記者として活動する道としてはフリーライターなどどこにも属さない特殊な環境下で仕事をすることも可能です。



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved