転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 消防士(消防署職員)の平均年収と仕事内容

消防士(消防署職員)の平均年収と仕事内容

消防士(消防署職員)の平均年収と仕事内容とは?消防士(消防署職員)の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



消防士(消防署職員)の平均年収と仕事内容の詳細情報

消防士(消防署職員)の平均年収は718万円となっています。

消防士(消防署職員)の仕事内容は災害現場や事故現場に駆けつけ、消火活動や人命救助を行います。

消防士(消防署職員)になるには地方自治体が行う消防士採用試験に合格する必要があり、試験合格後に消防学校で防火や防災に対する知識と技術を学び、卒業後に各自治体の消防署などに配属され、晴れて消防士(消防署職員)になれます。

消防士(消防署職員)は文武両道でなければならず、体力と知識が要求されます。現場では臨機方変な対応を求められ、肉体的にも精神的にも厳しい職業です。

消防士(消防署職員)の勤務は週に40時間、週休2日で当番と非番を繰り返し、交代で休みを取る勤務形態となっています。

事故や災害は24時間いつ何時起こるかわかりませんので、24時間気が休まらず、危険な現場に赴く為に他の公務員より高給取りで優遇されています。

消防士(消防署職員)は簡単には勤まらない仕事なので、志を持ったタフで頭の良い人材が理想です。

(消防士(消防署職員)の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved