転職なら人材派遣・人材紹介.info > 仕事別 平均年収 > 職種別 平均年収と仕事内容 > 税理士の平均年収と仕事内容

税理士の平均年収と仕事内容

税理士の平均年収と仕事内容とは?税理士の平均年収と仕事内容についての情報をお届けします。



税理士の平均年収と仕事内容の詳細情報

税理士の平均年収は700万円となっています。

税理士の仕事内容は納税者に代わって税金の相談、計算、報告書作成をします。

税理士は平均年収こそ700万円となっていますが、独立開業した開業税理士と勤務税理士の分かれ、この二つでは年収額が相当違います。

一般的に開業税理士の年収は3000万円と言われ、かなりの高給取りとなっていますが300万円未満の方もいるのも事実。顧客をいかに囲い込めるかが年収アップの鍵となっています。

勤務税理士は平均年収は700万円前後となっており、当サイトで掲載させていただいている年収額となります。

税理士になるには一般的には税理士試験に合格し、2年間の実務経験後、日本税理士会連合会に登録し、地域の税理士会に加入することで実現します。

税理士としてのキャリアの幅を広げ、公認会計士にチャレンジする方も多く、公認会計士がキャリアアップの道となります。

(税理士の平均年収額は2005年度のものとなっています)



職種別 平均年収と仕事内容記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved