転職なら人材派遣・人材紹介.info > 転職情報

転職情報

転職情報一覧です。



退職時した時の税金の手続きのことについて紹介します。

転職先が決まっている場合、源泉徴収票を転職先に提出します。

転職先が決まっていない場合、現在住んでいる所の管轄税務署で確定申告を行います。

税金は国民の義務なので、抜かりの無いように心がけましょう。

退職時した時の年金の手続きのことについて紹介します。

転職先が決まっている場合、年金手帳を転職先に提出します。

転職が決まっていない場合、国民年金に加入します。退職の翌日から14日以内に手続きを行わなければならず、住んでいるところの担当窓口で手続きするので、迅速に対応しましょう。

国民年金の未加入は、老後に大きなつけがきます。

未加入期間を作らない為にも、早めの手続きをお勧めします。

退職時した時の雇用保険の手続きについて紹介します。

転職先が決まっている場合、退職時に受け取った雇用保険被保険者証を転職先に提出すれば大丈夫です。

転職先が決まっていない場合、退職時に受け取った離職票、雇用保険被保険者証をハローワーク(公共職業安定所)に提出します。ここで失業給付金を受ける手続きをするのですが、給付には条件があり、退職日以前の1年間に雇用保険の被保険者期間が通算6カ月以上あること。失業状態であること。雇用保険被保険者の資格喪失の確認を受けていること。以上が条件となります。

退職理由が自己都合の場合と会社都合の場合とで失業給付金の受け取りまでにかかる期間などが変わってくるため、ハローワーク(公共職業安定所)で説明を受けてください。

退職時した時の健康保険の手続きのことについて紹介します。

転職先が決まっている場合、健康保険はそのまま次の会社で加入できます。

転職先が決まっていない場合、役場か役所で手続きをし、国民健康保険に加入しましょう。または、退職後の2年間は任意継続被保険者制度と言う制度で勤めていた時と同じ健康保険が加入可能です。ただし、2ヶ月以上継続して加入していないと適用できないので注意してください。

「給料が安い」「会社の体制」といった不平不満を退職理由にしない様にしましょう。

転職することを決意した今、本音がどうであれ、円満退社が今のミッションです。

転職理由で「給料が安い」「会社の体制」を言ったところで今更しょうがないことです。仮に「給料が安いなら上げてやる」「会社の体制の不満はみんなある。今かけあっているところだ」と言った返答をされた場合、あなたはどのように次の言葉を見つけますか?

不満は働いていれば多かれ少なかれみんな持っています。会社を辞める時に一気にぶちまけてしまおうと言う気持ちは分からないでも無いですが、ここは「夢を実現する為」といった無難な理由で無難に乗り切りましょう。

顔で笑って心で泣いて、それが渡世人のつらいところよ。

退職の話を切り出す時のタイミングに注意しましょう。

退職の意思を上司に示すのは、自身にとって一大イベント。早めに片付けてしまいたいところですが、話を切り出すタイミングに注意しましょう。

話を切り出すタイミングでやってはいけないのが上司の忙しい時間帯に口頭でアポイントを取ろうとすること。上司も忙しいのだから、中々話を聞ける体制をとってもらえません。上司が忙しい時間帯は、今まで共に働いていたのだからある程度は分かっていると思います。ですので、暇な時間帯を狙うか、グループウェアでスケジュールの開いている時間帯に会議の予約をし、口頭でその時間帯に少し話があることを告げましょう。また、昼食に誘うのも有効です。

相手の都合を考え、臨機応変に失礼の無い対応で意思を伝えましょう。

内定が出たら就業規則にしたがって速やかに退職意思を伝えましょう。

内定が出て、その企業(会社)にお世話になることを決意したら、現在働いている企業(会社)の就業規則に従い、速やかに退職の意思を伝えるのが円満退社のコツです。

法律上、退職の2週間前に退職の意思を企業(会社)に伝えれば良いことになっていますが、企業(会社)によっては退職届の提出後、何日間在籍しなければならないと言った独自の規定を設けている企業(会社)もあります。また、一般的に退職希望日の1ヶ月前には退職意思を伝えると言うのは社会人のルールとなっています。

もしかしたら今後ビジネスで付き合う可能性もあるので、特に問題が無いのであれば円満退社に向けて早めの行動を取った方が無難でしょう。

退職日に受け取るもの返すものは下記の通り。

受け取るもの
・離職票
・雇用保険被保険者証
・年金手帳
・源泉徴収表

返すもの
・健康保険被保険者証
・社員証
・社員章
・名刺
・通勤定期券
・制服、作業用品
・社費での購入物
・資料
・事務用品
・鍵
・パソコン

その他、会社から提供されたものです。

これらを受け取り、返して退職しましょう。

退職交渉を確実に進める方法を紹介します。

ここで大事なのは、まず上司に伝えること。現在勤めている企業の上司に退職を伝えることは転職では避けて通れません。上司に伝える前に同僚から、上司の上役から貴方の退職が耳に入ってしまうと面倒くさい展開になってしまう場合があります。細心の注意を払って、確実に上司から退職の話を伝えてください。

上司に伝えたらまず第一関門突破。とは言うものの、ここで上司から強烈な引止めを受ける場合があります。上司から退職理由を聞かれて現在の給料や待遇が理由で退職すると言う理由はやめておいた方が無難です。給料上げるから、待遇を良くするからと言われた場合、返す言葉が難しくなります。ですので、相談スタンスで話すのではなく、強いスタンスで既に決定したことというスタンスで話すべきです。また、理由に会社批判や現状不満を述べるのもあまり得策ではありません。立つ鳥跡を濁さず。今後、ビジネスで今いる会社と取引をする可能性もあります。そういった場合を考慮すると「すでに話がまとまってしまいまして…」と言う形が一番良いかもしれません。

退職交渉に失敗し、転職を不意にしてしまう方も数多くいると言います。

一度退職をほのめかしたら、その後会社に居づらくなってしまい、次が見つからない状態で退職と言うこともあります。

退職交渉は決意を持って細心の注意を払い行いましょう。

採用通知をもらったら先方企業(会社)にお礼の電話を入れましょう。

この電話を入れた時に、今後の予定を伝えることが大切です。企業(会社)はあなたの入社を心待ちにしている反面、入社まではハラハラしながら待っています。現在勤めている企業(会社)から引きとめがかかるかもしれいないですし、何らかのトラブルがあるかもしれません。なので、退職交渉や出社予定日をきちんと伝え、企業(会社)を安心させてください。

また、採用通知に関して質問や要望がある場合、ここで聞いておくべきです。

入社してから思わぬトラブルを生まない為にも入社前に不明点は解決しておきましょう。

採用通知をいただいたものの、他の企業(会社)も並行している場合、その現状を悟られないように「冷静になって今後のビジョンを整理してからお返事したいので○月○日までお待ちいただけないでしょうか?」など、丁寧に先方に伝えておくと良いです。

最近は最終面接後に内定が出る企業が多く、そこで話をする場合もあるため、答えは急がずに情報を整理して再度問い合わせさせてもらう方が良いでしょう。

内定をもらった家族に報告しましょう。

転職を決断し、内定をもらうまでの期間、家族には色々心配をかけたことでしょう。

新しくお世話になる企業(会社)の概要、仕事内容、条件面などを教えることはもはや義務かもしれません。また、扶養家族がいる場合は扶養対象の家族は心配だと思います。場合によっては事細かに説明する必要もあるかもしれません。

家族に報告する際、喧嘩になってしまうこともあると言います。

家族は会社のイメージや規模で判断しがちです。自身がどんな思いで転職先にしたのか?どんな目的で選んだのか?等、理解を得られるように説明しましょう。

様々なステップを乗り越えて無事内定をもらいました。

内定連絡が入ったら待遇面を確認することが大切です。

一般的な企業は内定通知書の様な書面を発行し、入社条件が記載されてある書類をくれます。これは、労働基準法で給与、労働条件などを書面で伝えなければならないことになっています。

この様なものが発行されないからと言って何も確認しないのは危険です。企業(会社)に問い合わせ、書類に代わる確約を取りましょう。

入社した後に条件が違う!などの問題が無いように…

面接に受かるには企業(会社)に入って何が出来るかを提案することが大切です。

企業(会社)は足りないポジションを埋める為に求人を出します。ですので、企業(会社)が求めているものと自身のスキル(能力)やキャリア(経験)がかけ離れていたら、採用に繋がり辛い結果となるでしょう。

ですので、職務経歴書を元に丸暗記をし、一方的な立場で話し続けるのは勘違いで、面接担当者のニーズを把握し、自身のスキル(能力)やキャリア(経験)がどれだけリンクしているかを話す必要があります。

また、この様なコミュニケーションが出来れば、新しいポジションで採用となる可能性すらあります。

面接は出会いの場。テンプレートに頼るのではなく、臨機応変な対応で可能性を広げていきましょう。

面接に受かるには不満点をポジティブにとらえることが大切です。

面接の場で企業(会社)から転職理由を聞かれた場合どうしましょう。転職するからにはなんらかの不満があって会社を去ることでしょう。

その不満をストレートに言ってしまうのは絶対に駄目です。不満はネガティブなイメージを与えやすく、あまり良い印象を与えません。かといって「スキルアップをしたいから」「ステップアップの場を求めて」等の抽象的な理由を述べるのは、企業(会社)から見たら入社した後も同じ理由で辞めてしまうのではないか?と思われてしまいます。

ではどうすれば良いか?

不満点をネガティブではなくポジティブに変えてしまえば良いのです。

不満点を解消する為にを企業(会社)を選んだことを述べ、企業(会社)に入った後にどの様な活動をしたいかを述べるのが良いでしょう。

転職は自身にとってチャンスであり、企業(会社)にとっても有益であると思わせることが大切です。

面接に受かるには企業研究と自己研究を徹底的に行いましょう。

企業(会社)はどこまで自社のことを理解して応募してきたかを計ります。そこで予想以上に企業(会社)のことを調べていると、企業(会社)側のモチベーションも上がりますし、評価も高くなるものです。

また、企業(会社)は当然と言って良いほど自身のことを深いところまで聞いてきます。これを理論だって明確に答えることによってコミュニケーション能力をアピールすることができます。

面接の場は出会いの場だと紹介しましたとおり、相手のことを知り、自分のことを知ってもらうことが大切です。

企業(会社)、自身、双方の研究を徹底的に行うことが転職を成功させる近道と言えます。

面接で受かる為には最初の5分で相手を引き付けることが大切です。

面接は試験ではないと紹介しましたが、面接相手も人間です。話を聞きたいと思われる振る舞いは大切。

最初の5分とは具体的には挨拶、自己紹介です。面接で言ったら序章、自分に対して特別な情報を出していません。しかし、この5分で人間の雰囲気や奥ゆかしさが出てきます。

これは、一般的に言う第一印象ですが、面接でも第一印象は大切。

能力(スキル)や経験(キャリア)など関係の無い部分ですが、企業側から見たら、相手はこれから一緒に働いていこうと言う人間。第一印象もしっかりと見ていると言うのもうなづけます。

ですので、最初の5分、第一印象はしっかりと良い印象を与えましょう。

面接で緊張してガチガチになってしまう方が多いと言います。

希望する企業(会社)に入りたくて面接で満点を取ろうとする為そのような結果になってしまうのでしょう。

しかしそれは間違いです。面接はそもそも試験の場でもテストの場でもありません。面接は試験ではなくて企業と自分を出会わせる場です。

企業(会社)も履歴書や職務経歴書をみて興味を持っているわけですし、自身も企業(会社)に入りたいと思ったから面接と言う機会が設けられたわけです。

なので緊張する必要はまったくありません。

面接は企業(会社)にとって、自身にとって、今後共に歩む為のパートナーとなれるかどうかを見ていく場です。

ですので面接マニュアルと言われるものなどに頼らず、自身の全てを見せてください。

そうすれば転職はおのずと成功するのではないでしょうか?

転職に役立つ職務経歴書作成のポイントをご紹介します。

ポイントに触れる前に一つ。職務経歴書を用意していない転職希望者は、まず、職務経歴書の作成を何よりも優先的にすべきです。

職務経歴書は考えている以上に難しいもので、時間がかかるものです。中途採用の人事は職務経歴を重点的に見るとも言われている為、職務経歴でアピールしなければ転職は成功しません。

まず、ポイントを書く前に職務経歴書の意外な事実を紹介しましょう。

では職務経歴書のポイントへ。

・職務経歴書の内容を吟味する。経歴(キャリア)を振り返り、リストアップし、PRすべきものを選びます。

・分かりやすく、見やすいレイアウトに。職務経歴書が読む側にやさしいものにし、一目で自分がどういう人間かを分かるようにする。

・職務経歴書の最後には自己PR欄を作る。会社に対して、職種に対しての熱意を人事担当に向けてアピールする場を作ります。

細かい点はキャリアによって、目指す業界や業種によって違います。職務経歴書のクオリティーを日々上げ、転職を成功させてください。

尚、余談ではありますが、某転職エージェント企業が発表した情報に下記の様なことがあります。

じつは7割、つまり70%の転職希望者が職務経歴書の手直しが必要な状況だそうです。

これほど職務経歴書は難しいものです。

毎日ブラッシュアップしていくつもりで取り組みましょう。

転職に役立つ履歴書作成のポイントをご紹介します。

まずは履歴書の選び方。

履歴書は様々な形式のものが存在します。好きなスポーツ、好きな学科といった記入欄があるものは学生のアルバイトで利用する履歴書。転職で利用する履歴書は先述した記入欄などは不必要で、代わりに志望動機等が大きなものを利用しましょう。

次は履歴書に記入する文字。

字が下手だから履歴書の記入は嫌だという人が多いと聞きます。履歴書は字の上手い下手を見るものではなく、あくまでも自身の履歴を企業(会社)に見てもらうものです。字が上手いにこしたことはありませんが、字が下手でもまったく問題ありません。それよりも丁寧に文字を書くことを心がけましょう。また、修正液はご法度です。企業によっては修正液を利用しても気にしないと言うところもありますが、気にする企業も存在することは事実です。わざわざ不安要素をそのままにしておく必要もありません。間違った場合、面倒くさいですが、新しい履歴書に書き直しましょう。

次は履歴書の使いまわしについて。

履歴書の使いまわしに気をつけましょう。志望動機や自己PR欄に抽象的な文言を書いて、様々な状況に対応しようとするのは理にかなっています。ただ、企業(会社)側は入社への思いも計ります。そのため、抽象的な文言で、自身の目論見がばれた場合はマイナス要因になってしまいます。出来るなら企業に対して熱のある文言を書いて提出すべきです。

また、日付、写真、印鑑などの細かい点も細心の注意を払って行いましょう。

写真は感じの良い写真を使い、印鑑は履歴書に対してまっすぐに。日付はきちんと記入して提出しましょう。

求人に応募する自信が無い。

求人情報を見て、自分が望む転職先だ思ったのですが、会社の規模や求められるスキル(能力)やキャリア(経験)と自分を照らし合わせ、応募を躊躇ってしまうことが良くあると聞きます。

この様な状況の方に一言強い言葉をかけてあげたい。転職を選択しておいてそんな弱気では駄目です。

転職を決断したと言うことは凄い思い悩んで出した結論だと思います。その決断に自信を持ちましょう。そしてチャレンジしてみましょう。

求人に応募したら最後、入社の判断をを下すまでは企業(会社)が結論を出します。

書類を応募した時に企業(会社)が興味を持たなかったら書類で落ちますし、面接で会社の雰囲気を感じて理想とは遠いと思ったら辞退することもできます。

ただ、これらは応募しなければ始まりません。思いとどまってしまう心は誰しもあると思いますが、そこは勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

転職のコンセプト(視点)のブレに気をつけましょう。

転職活動をしていると、情報の嵐により、なぜ転職をしたいと考えたのか?転職して何がしたいのか?等、当初の考えが弱くなってきて、コンセプト(視点)のブレが生じてきてしまいます。

仕事のやりがいを求めて転職を考えたのに、いつの間にか給料や待遇を追い求めていた。こうなると転職そのものが目的となってしまい、満足いく転職が実現しない場合があります。

転職活動が長引くほど上記になりがちなので、1週間に1度ぐらい転職のコンセプト(視点)の確認をして、ブレを防ぐことをお勧めします。

職業・職種・企業(会社)に対する先入観にとわれない様に気をつけましょう。

転職はどうしても先入観があります。それは働いてきた経験からくるもので、自分の常識が世間の常識だと思い込んでしまうからです。

自分が思っている業界観、業種観、職種観は意外と信用ならないもの。実際は同じ業種や職種でも会社によって仕事の進め方、仕事の内容、仕事の切り分けなどは違います。

なので、先入観を捨て、冷静な目で転職を考え、転職活動をしましょう。

求人には様々な内訳が隠されています。

同じ求人が2ヶ月間掲載されていたとします。

1ヶ月目は人材不足のため急募だったのですが、広告を出した甲斐もあり、そのポジションを埋める人材を確保できたとします。2ヶ月目は良い人がいれば入ってもらいたいスタンスだったとします。そういった場合、早く応募しておけば後から応募するよりも転職が成功する敷居は低かったはずです。

企業(会社)側の考えは、せっかく求人広告を出したのだから、十分に有効活用したいと考えるはず。そういったことから企業側にも色々と目論見があります。

転職はタイミングだと言いますが、求人には様々な内訳が隠されていることを忘れないでください。

求人募集に応募したが、既にポジションが埋まってしまったと言うことなんて良くある話なので…

求人情報を探すにはどんな方法がありますか?

求人情報はハローワークや新聞の折込チラシ、転職情報誌、新聞の求人欄で集められる。

というのは一昔前の考えで、インターネットが求人情報の収集に大きな変化をもたらしました。

今はインターネットが発達し、その利便性に気がついた企業が転職サイトを立ち上げ、多くの求人を閲覧できるようになりました。

掲載されている情報も多く、掲載されている情報で企業のイメージがつきやすくなっています。

様々な情報ソースを有効活用し、多くの転職情報を集めることは、転職を成功させる大きな武器になるでしょう。

転職は企業(会社)を調べて知ることが大切です。

転職サイトの情報や転職エージェント経由で紹介された求人で、転職してみたいと思った企業があった場合、まず企業のWEB(HP)ページや東洋経済新報社にで企業について調べて様々な情報を知りましょう。

インターネットの普及により、企業情報を入手するのは一昔と比べ非常に容易になりました。検索方法によっては企業のWEB(HP)ページだけではなく、世間の評判も調べられることもあります。ただし、インターネットでの評判は物事の真偽を判断できなければ危険な場合があります。補足情報程度にしておきましょう。

インターネットではなく、会社四季報や未上場版会社四季報等でも企業(会社)を調べることができます。

これから働く場をしっかりと調べて悔いの無い転職を実現しましょう。

転職では業界を調べて知ることが大切です。

転職は何も同業界に限るものではありません。自分の理想を転職で実現する為には、まったくの異業界の方が良い場合も多々あります。

では、まったく知識の無い異業界を知るにはどうすれば良いでしょう。

業界を調べるには業界新聞を読むことで知ることができます。業界新聞は図書館などに置いてあるため、一度読みに行ってみると良いかもしれません。

また、大型書店の新卒向けの就職コーナーで業界に関連する本を読むのもお勧めです。

あとは手軽に情報が得られるインターネットなども有効ですが、情報の真偽を判断する確かな目が必要です。

自分を過大評価したり過小評価したりしないように気をつけましょう。

転職で絶対に通らなくてはならない面接は、自分の能力(スキル)や経験(キャリア)を企業に売る場です。

自分を高く売りたい気持ちは分かりますが、あまり気負ってはいけません。職務経歴書などで参加したプロジェクトや今までの売り上げで数字をアピールしたとします。それがどれだけ凄いことかは企業は分かりません。企業は数字も見ますが、それに対してのプロセスも知りたがります。気負ってしまうと数字ばかりアピールしてしまい、企業的視点から見た場合、過大評価をしているのではないかという視点が生まれてきてしまいます。自分がどの様に行動し、どういった工夫をして結果を出したのかをきちんとアピールしましょう。

上記とは逆に自分の仕事に対して過小評価をしている人もいます。仕事は様々な業務と連携して行われます。自分では未経験分野だと思っていた仕事が企業側から見たらすばらしい経歴だと見ている場合があり、自分をアピールしきれずに残念な結果になる場合があります。冷静に自分を見つめ、自分がどのような人物でどんな能力(スキル)、どんな経験(キャリア)があるのか第三者視点で評価してみましょう。

自己分析をする際はキャリアをすべて書き出しましょう。

自己分析は今まで経験したキャリアを書き出すことが重要です。今までの経験と照らし合わせて時系列で書くのも良いですし、仕事別に書き出しても良いです。

キャリアを書き出さなければ頭の中で記憶されているだけのものなので、どうしてもる覚えになりがちです。

一度キャリアを書き出せば、見直した際に、忘れていた部分の発見や強調したいキャリアなど様々なことが思い浮かぶでしょう。

それらをブラッシュアップし、職務経歴書に反映させていくことになります。

転職を成功させる一番の下準備と言えるのが自己分析。

徹底的に自己分析をし、自分の能力(スキル)や経験(キャリア)を整理しておきましょう。

ここで簡単な例を挙げます。ある商品があり、複数の商品からその商品に興味を持ったユーザーがいました。ここで、ユーザーに対して商品の良さをアピールできなければその商品がいくら良いものでも中々買ってくれませんよね?商品の販売を成功させるには商品特性や長所を分かりやすく事細かに説明しなくてはなりません。

話を本題に戻しましょう。

企業に対して自分を売り込むのが転職。

自分と言う商品の良さを買い手に徹底的にアピールする。これをしなければ転職を成功させる確率はグンと減ってしまいます。

ですので自己分析を徹底的にし、あらかじめどのようなアピールをすればいいのか事前準備し、あらゆることを想定して戦略を立てておけばきっと良い転職が出来ると思います。

転職活動の流れを把握しましょう。

転職は5つのステップを踏むことで実現します。

自己分析をする→会社を選ぶ→書類の作成→面接→入社の手続き、退社の手続き

上記5ステップを踏むことで転職が実現しますが、この5ステップは転職に不慣れな方にとって非常に重いものです。一つ一つ丁寧に、スケジュールに余裕を持って実行しましょう。

転職を目的や目標にしないことが大切です。

転職をするにあたり、転職をして何をしたいのか?何の為に転職をするのか?目的を明確にさせなくては良い転職は出来ません。

例えば、プライベートと仕事との両立、夢の実現、スキルを生かしたい等、様々な転職理由があります。皆さんそれに向かって転職することを決断しますが、転職活動が長引くにつれて転職そのものが目的や目標になってしまうこともしばしばあると言います。

転職は目的や目標を達成するための一つの手段でしかありません。

当初掲げた目的や目標を見失うことなく、常に意識しながら転職活動することが大切です。

転職だけが環境を変える手段ではない。

転職は環境を変えるもっとも一般的な手段です。ただ、環境を変えたいだけなら転職だけが全てではありません。

転職とは何か?転職のことを考えようでもお伝えしましたが、転職は慎重に決断する必要があります。

転職をしてどのようになりたいか?何の為の転職なのか?現職でも変えることができないか?等、様々なケースを考える必要があります。

転職せずに環境を変えることも意外とできるものです。

冷静に現状を分析し、悔いの無い決断をしていただきたいと思います。

転職をするにあたり、やらなければならないことがあります。

それは、転職とは何かを考えること。転職は自身の働く環境を変えることです。

今まで働いていた企業とはまったく違う企業に入ることになります。勤務地や一緒に働く同僚、上司、置かれるポジション、給料などなど、様々なものが一新されます。

また、企業には各々「色」があります。

今まで経験してきた全てが変わると言っても良いかも知れません。

それだけの覚悟をし、待遇や収入と言った単純なところで考えるのではなく、奥深くまで考えられるよう準備をして望むことをお勧めします。

転職なら人材派遣・人材紹介.infoは転職や人材派遣の情報を扱った情報サイトです。

業界や業種や職種別の平均年収比較、全国の人材派遣会社、人材紹介会社の情報、その他転職や人材派遣に関する様々な情報をお届けしています。

転職なら人材派遣・人材紹介.infoと言われる様、良質なコンテンツを取り扱い運営を心がけております。

サイトの情報を活用していただき、あなたの転職を成功させるためのお供になれれば幸いです。



サブカテゴリー




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved