転職なら人材派遣・人材紹介.info > 転職情報 > 転職活動でやるべき事 > 自分を過大評価したり過小評価したりしないように

自分を過大評価したり過小評価したりしないように

自分を過大評価したり過小評価したりしないようにとは?自分を過大評価したり過小評価したりしないようにについての情報をお届けします。



自分を過大評価したり過小評価したりしないようにの詳細情報

自分を過大評価したり過小評価したりしないように気をつけましょう。

転職で絶対に通らなくてはならない面接は、自分の能力(スキル)や経験(キャリア)を企業に売る場です。

自分を高く売りたい気持ちは分かりますが、あまり気負ってはいけません。職務経歴書などで参加したプロジェクトや今までの売り上げで数字をアピールしたとします。それがどれだけ凄いことかは企業は分かりません。企業は数字も見ますが、それに対してのプロセスも知りたがります。気負ってしまうと数字ばかりアピールしてしまい、企業的視点から見た場合、過大評価をしているのではないかという視点が生まれてきてしまいます。自分がどの様に行動し、どういった工夫をして結果を出したのかをきちんとアピールしましょう。

上記とは逆に自分の仕事に対して過小評価をしている人もいます。仕事は様々な業務と連携して行われます。自分では未経験分野だと思っていた仕事が企業側から見たらすばらしい経歴だと見ている場合があり、自分をアピールしきれずに残念な結果になる場合があります。冷静に自分を見つめ、自分がどのような人物でどんな能力(スキル)、どんな経験(キャリア)があるのか第三者視点で評価してみましょう。



転職活動でやるべき事記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved