転職なら人材派遣・人材紹介.info > 転職情報 > 転職活動でやるべき事 > 面接に受かるには不満点をポジティブにとらえる

面接に受かるには不満点をポジティブにとらえる

面接に受かるには不満点をポジティブにとらえるとは?面接に受かるには不満点をポジティブにとらえるについての情報をお届けします。



面接に受かるには不満点をポジティブにとらえるの詳細情報

面接に受かるには不満点をポジティブにとらえることが大切です。

面接の場で企業(会社)から転職理由を聞かれた場合どうしましょう。転職するからにはなんらかの不満があって会社を去ることでしょう。

その不満をストレートに言ってしまうのは絶対に駄目です。不満はネガティブなイメージを与えやすく、あまり良い印象を与えません。かといって「スキルアップをしたいから」「ステップアップの場を求めて」等の抽象的な理由を述べるのは、企業(会社)から見たら入社した後も同じ理由で辞めてしまうのではないか?と思われてしまいます。

ではどうすれば良いか?

不満点をネガティブではなくポジティブに変えてしまえば良いのです。

不満点を解消する為にを企業(会社)を選んだことを述べ、企業(会社)に入った後にどの様な活動をしたいかを述べるのが良いでしょう。

転職は自身にとってチャンスであり、企業(会社)にとっても有益であると思わせることが大切です。



転職活動でやるべき事記事一覧




Copyright(C) 2007- 人材派遣・人材紹介 All Right Reserved